【2018年6月】Amazonアソシエイトの審査を6記事で通過出来たので報告します。

本の写真

ブログ設立以来通りたいと思っていたAmazonアソシエイトの審査に昨日6記事で通りました。

参加したかった理由は、本の紹介記事を書きたかったからです。良い本はエンジニアが効率良く成長するための必需品であるため、当ブログでは良い書籍ものだけを厳選してどこがいいのかを詳しくレビューするようなこともしていこうと思っています。

SEOやアフィリエイト関連のコンテンツは、当ブログのメインテーマではありませんが、沢山の人に読んでもらえて収益をある程度生んでくれるブログを作るためには意識せざるを得ないことなので、これからも少し扱っていこうと思います。

では、サイト設立からAmazonアソシエイトプログラム参加に至るまでの2週間をご紹介しますね。

また、プライバシーポリシーに昨日付けでAmazonアソシエイトの記載を追加しました。

審査通過時のブログについて

当ブログはWordPressで作成し、テーマは”Luxeritas“という無料テーマを使わせて頂いてます。無料であるのにも拘わらず、ページ読み込みが高速かつSEOに強く、カスタマイズ性に優れた有料テーマと比べても遜色ない人気テーマです。

専門家でもない限り、SEO・高速化・デザインを両立させることを意識してテーマを作成するのは、それだけで数年学習する必要があると思うのでおすすめしません。

あくまで情報発信やアウトプット訓練のためにブログを立ち上げるなら、まず最初に自分に合ったテーマを選びましょう。そこから自分好みにブログのデザインをカスタマイズしていきましょう。

※あまりに読みづらいデザインは、サイトにアクセスしたユーザーを手離してしまうほか、審査にもマイナスですので自重しましょう。

審査通過時のブログ構成は、6つの投稿記事と5つの固定ページでした。

投稿記事
No. 記事名 カテゴリ 文字数
1 ITエンジニアが資格を取ることの意味 IT系資格(全般) 2299
2 暗号について学ぶ#1「暗号の役割」 暗号化技術 2323
3 暗号について学ぶ#2「共通鍵暗号を知る」 暗号化技術 2929
4 基本情報技術者試験の合格勉強法 (前編) 基本情報技術者 2625
5 暗号について学ぶ#3「DESのアルゴリズム」 暗号化技術 5927
6 ポモドーロテクニックを使って生産性を高めよう! 生産性向上 3534
固定ページ
No. 固定ページ名
1 プロフィール
2 当ブログについて
3 サイトマップ
4 お問い合わせ
5 プライバシーポリシー

Amazonアソシエイトの審査を早くパスするには?

少ない記事で、審査を通過する最低条件は1つ1つの記事の内容を濃いものにする必要があります。ブログをはじめてすぐ、特に私のように普段から「考えを文章にしてまとめる」という習慣が無かった人間は、稚拙な文章しか書けないので、長文を書くのには結構な労力を使います。

しかし、稚拙な文章しか書けないからと言って、無名の技術ブログで日記帳のようなことを書き方をしていては、Amazonの審査はおろか、ユーザーからも見られたものではありませんよね。この点に関しては、意識していたことが2つあります。

ユーザーを強く意識する

1つ目は、ユーザーに理解させるための文章を書くことです。

昨今で検索上位を獲得しているサイトを見ても、しっかりとユーザーが理解できるように構造化されたサイトがほとんどです。これはSEOが進化して、SEOの評価とユーザーの評価が近づいてきている証拠でしょうね。

また、どれぐらい詳細に記事のテーマについて語るかは想定とする読者レベルにもよりますが、共通して言えるのが、自分の中での前提となる考えは、必ずしもユーザーにとっての前提ではないということです。このことは強く意識しましょう。

記事の推敲を怠らない

2つ目は、何度も記事を読み直し、手直しを加えることです。

文章を書くことに慣れてないうちは、良質な記事を書こうとするほどに、自分の一生懸命書いた文章をいざ読み直すと、投稿したくなくなるということが多々あると思います(悲)

この問題の対処法は1つしかなく、記事を何度も”ユーザーの視点”で読み返して、言い回しがおかしくて理解しづらいところや、内容の抜け漏れがあるところを1つずつ訂正して潰していくことです。

投稿した後日にも記事を何度か読み直してみてください。引っかかる箇所が出てくると思います。

上記のことを意識してコンテンツを書くと、必然的にボリュームが増え、内容の濃いものになります。私の文章力はお世辞にも高いとは言えないですが、上記のことを意識していると、少なくともAmazonの審査という観点ではすぐに6記事で評価される記事が書けました。

また審査においては、ホームページに投稿記事以外の要素(固定ページ・ナビなど)がサイトに揃っているかも見られます。

サイトに必要最低限の要素は早めに作っておく

パンくずリスト、グローバルナビ、サイドバーに配置するプロフィール・カテゴリ・アーカイブなどのヴィジェット、各種固定ページはこれからブログを発展させていくつもりがあるのであれば、必ず必要になってくるものなので早い段階で作っておきましょう。

これらを適切に配置することは審査に重要なほか、SEO・ユーザビリティの観点でも重要です。

パンくずリストなどの各種リンクを適切に配置することは、SEO面ではクローラーにサイトを巡回させるのに役立ちますし、ユーザーにとっても目的のコンテンツに辿りつきやすくなるので、ユーザビリティも格段に上がります。

固定ページに関しては、「プロフィールがない得体の知れない人の記事は読みたくない」、「個別のコンタクトが取りたいのにお問い合わせのページがない」といったことでユーザーを失わないためにも、プロフィール(ブログコンセプト)・お問い合わせ・プライバシーポリシーのページは最低限必ず作っておきましょう。

Amazonアソシエイトを使って私がやりたいこと(余談)

冒頭文でもお書きしましたが、このブログでは自分が実際に読んだ良本のみを紹介します。本以外はあまり考えていませんが、生産性向上に役立つアイテム等があれば紹介したいと思っています。

本は人の人生を変えると思います。本が自分を変えてくれると思っている人にとってはお金と時間の無駄かもしれませんが、本を活用して自分を変えようと思っている人にとってはわずか数千円の買い物はあまりにもお得です。ゆえに、良い本に巡り合えるかどうかはエンジニアにとってかなり重要なことと思います。

本で得た知識を使って、自分が何かを生み出せたときはじめてその本に価値が生まれることを忘れてはいけません。

まとめ

Amazonアソシエイトの審査を早期に通過するには、

  • ユーザーを強く意識する
  • 記事の推敲を怠らない
  • サイトに必要最低限の要素を作る

を意識して、十分なボリュームのコンテンツを提供しましょう。

サイトの善し悪しには全く関係ない話ですが、Amazonアカウントの購入履歴があれば審査の通過率が上がるといった証言もチラホラ聞きます。

私もAmazonはたまに利用していますが、信じるか信じないかはあなた次第です(笑)