第2回起業スカイプ会議【今後の方針、アイデア会】

2018年10月12日

第一回のあらすじは、

  • 2人で起業を目指すこと(死ぬときは共倒れw)
  • どういう会社にしたいのか、お互いの思想や興味などを最初に十分話し合うこと
  • とりあえず最初の課題として何か1つのソフトor製品を創りだすこと

でした。お互い完全にゼロからのスタートなので、今の所あるのは固い決意ぐらいですね。このサイトは、2人の共同運営ですが当分は自分1人でちまちまとやっていくと思います。

第二回スカイプ会議の題目は、以下の3点。

起業までの短期で何を行うのか?

自分が発表したのは以下の内容。

  • 期間は3年
  • ソフトウェア開発(全工程)能力の向上・起業についての情報収集・最先端技術情報収集
  • 3年以内に価値ある製品・ソフトを生み出して売り込む
  • 3年以内に優秀な営業が欲しい(願望)

なんか全然ぱっとしないw今まで何も考えてこなかったのでこれから勉強していくにつれてガラっと考え方も変わるかもしれません。僕個人としては、起業する前に何らかの価値ある製品を生み出して売り込むことは必ずしたい思っていて、それは亀さん(パートナー)も同じです。亀さん(パートナー)はアイデアの方を中心に考えていたようで、とりあえずは保留です。

成功したらどんな会社にしたい?(将来の目標像)

これについては、

  • アジャイルな会社(変化に適応できる情報感度の高い会社)
  • 上下階層を最低限にする(社長・部長・課長・・・みたいな役職は作らない)
  • 正社員には本当に欲しい人材だけを採用する
  • モチベーションを高める教育体制が整っている
  • 従業員を規則で縛らない

って感じです。アジャイル開発については実は経験したことすらなく、本で読んでるぐらいで大抵開発手法として紹介されるんですが、プラクティス1つ1つはあらゆる方面に応用が効くと思うんですよね。

おぼろげながら今抱いてる理想の起業像は全員が主体となってアイデアを出し、それを最速で行動にうつせる環境です。今後ますます変化していく社会の中で、先駆けの商品をつくるには全員主体的に考えて動く必要があると思い、そのためにはわずらわしい階層構造や評価制度などはなるべく撤廃したい考えです。(モチベーションとなるものだけ残す)

あとは、何だかんだ大半の社員が一番モチベーションとなるのは金ですよねw利益は最大限社員に還元してあげたいです。そういう意味で、1人1人がお金を生み出す人材となるための、「本当に欲しい人材だけを採用する」でもあります。

1つめの製品アイデアを出し合う

今日のスカイプ会議のメインテーマですね。とりあえずこれまでの自分たちの傾向上、考えても行動に移さないことは多々あったので「あれこれ言う前に何か作ってみればいいんじゃないか」ということで、始めました。

今回、9月末までに出たアイデアの中からどれか1つを決定することで合意しました。アイデアが決まった段階で製品を発表する時期も設定して、その制約の中で開発を進めていきます。コストゼロという制約もありますw

2人での開発ですけど、「ユーザーの要求を洗い出す⇒要件を抽出⇒外部設計⇒・・・」といったシステム設計の内容は意識します。アジャイル教ですけど、アジャイルにこそ設計って重要なんじゃないかって思うんですよね(知ったか)

今回の開発ではクライアントがいる訳でもないので、他から要件の変更などを余儀なくされることは無いですが、開発を進めていく中で「ユーザーが欲しい製品と違うものが出来てるんじゃないか・・?」ていう視点を持つことは常に意識しようと思います。

アイデアは、「既存のものの有る無しに拘らず、考え付いたことを出来るだけ多くあげる」ことにしました。日常生活の中であるといいなーと思ったしょうもないことでも全部リストアップしていきます。

では、今回2人で出し合ったリストを少々恥ずかしい気持ちで挙げます

  1. しゃめいぼ : レシートを撮影して自動的に家計簿に登録。月別や日別の集計の他、商品名からジャンルを特定しジャンル別集計まで備える。既存のもの有。
  2. SNS上にあふれた情報が正しいか、正しくないかを判断するアプリ。”〇””×”や正しい確率(%)で表示。興味本位で使ってくれるひといそう。
  3. でたらめな登録情報を作成するアプリ。今や色んなサイトとかでIDとかパスワードとか登録するけどいちいち考えるのめんどいよね。でもセキュリティ上全部一緒ってのも危ないし・・・そんな時に!セキュリティ強度高いけど覚えやすいの生成出来たらと思う。
  4. クイズアプリ。ありふれてるけど、何かと組み合わせたり、ジャンルをある程度絞ってありそうでなかったクイズアプリが作れればいいなって思う。これは一番作りやすそうだね。
  5. 冷蔵庫などの中の物が、遠隔で分かるシステム? 遠くにいても冷蔵庫の中身が分かるから、買い物中中身なにあったっけ・・ってなっても安心!何らかのセンサー等の機器が要るのでなので予算ゼロの自分達には厳しいかな()
  6. スマホ貯金 : 何らかの端末にスマホをセットして、小銭を入れるとチャージしてくれる。小銭が邪魔な人にオススメ! 機械の設置に障壁あり。セキュリティも十分考慮する必要有。
  7. 自動的にあみだくじを生成してくれるツール(説明略)
  8. 人狼知能に参加。AIに人狼ゲームをやらせるという面白そうな大会。いきなり飛び級でここまで行くのは無謀だけど、3年以内にこういった大会に出せるものも作れたらいいなーって思う

うん。。それ無理だろwっていうのから、これなら何とか作れるか・・・?ってのまであります。現状の技術力は明らかに足りず、ほとんど素人同然だけどそんなことは関係なく「何を作りたいか」⇒「それを作るために必要な技術は何か」⇒「足りないなら勉強しよう」という方針でいきます。9月末までのアイデア会は火曜・金曜の21:00~22:00です。

このアイデア、こうしたら使えるじゃない?とかあればコメント頂けると喜びます。

起業会議

Posted by Ryota